So-net無料ブログ作成
検索選択

フロントフォーク(正立と倒立) [バイク雑記]

昨日(2005/12/20)は一昨日(12/19)に引き続き顧客からのバカチン問い合わせに悩まされてます。
見積もり金額が自分(顧客)の予想より高いと言われましても・・・・・・・。
事前に相談してくれれば見積もり金額に手心をいつも以上に加えたのですけど・・・・・。
それ以前に私の手間賃90%OFF+材料代30%OFFの
大赤字
で十二分に安い見積もり金額のつもりだったんですけど・・・・・・・・・。
こんな見積もりを出すから評価査定が低いんだって。

昨日(12/1)の記事「インターネット公売 - 川崎市」centropyge さんからフロントフォークについて質問が有りましたので記事にしてみました。

インターネット公売 - 川崎市
良かった~フロントフォークの話題が出るのを待ってたんですよ~。えっとですね~フロントフォークには二種類ありますよね?倒立?と・・・何やったっけ??あの違いってなんですの? by centropyge (2005-12-21 09:38)

バイクのフロントサスペンションはBMW等の一部を除いて、テレスコピックサスペンションが採用されてます。
構造は言葉の通りtelescopic望遠鏡の様に伸び縮みする構造になっています。

おおよそ、この様な構造になっています。

しまったぁ(>_<) 正立の図がオフ車用になってる・・・・・・・
オンロード用は軸受け部分が最下部に有るんだった・・・・・・・
※勿論、実際のフロントフォークはもっと複雑な構造をしています。
サス機能はコイルスプリングによって、ダンピング機能はオイルダンパーによって行なわれています。
基本的に単純な構造なので造り易いと言えば造り易いので、生産には向いていると言えますね。
逆に単純な構造なので性能を出すのは難しく、ノウハウの塊と言っても過言じゃないです。

1980年代終盤からモトクロッサーに採用され1990年頃からは市販車にも採用されている倒立フォークは基本的には正立フォークを其のまま逆立ちさせた物です。

利点としては
1.剛性が高い
  細い正立フォークの場合、ハードブレーキング時にインナーチューブが曲がる現象が発生します。
  それに対して倒立フォークはインナーチューブを短く出来るので剛性が高いです。
  よりハードなブレーキングが可能です。
2.バネ下の軽量化
  重いアウターチューブ(ボトムケース)をバネ上に、軽いインナーチューブを最小限の大きさでバネ下へ配置しています。
  バネ下の軽量化にはなっている筈です。
3.軸受けの位置をフォーク最下部に出来る
  ロードレーサーより先にモトクロッサーに採用された理由は軸受けの位置にあります。
  正立フォークは軸受けがアウターチューブ(ボトムケース)の中間部に有り、軸受けの下にボトムケースが出っ張っています。
  その為、深い轍(わだち)があるコースを走るとボトムケースが引っかかってしまう場合が有ります。
  それに対して倒立フォークは軸受けがインナーチューブの下(フォークの最下部)に有り、出っ張りが有りません。
  深い轍(わだち)でもフロントフォークが引っかかり無く走る事が可能です。

欠点としては
1.重くなる
  アウターチューブが大きいので全体的には重くなってしまいます。
2.硬い
  ブレーキング時に剛性が高いのは良いのですが、コーナーリング時は柔らかさが必要です。
  剛性が高い倒立フォークは しなりが少ないので曲がりにくいのです。
  その為に90年代には250ccにも採用されていたのですが、最近は無闇に採用するのを控える傾向にあります。
3.整備性が悪い
  正立フォークを其のまま逆立ちさせた構造なので、オイルはフォークシールのみでシールされています。
  おまけに、フォークシールは地面に近い位置に有ります。
  その為、油断するとオイルがガンガン漏れる羽目になります。
  走り重視のバイクに採用している場合が多いのでオイルが漏れているのは問題ですよね。
  更に悪い事に分解整備の為に専用工具を必要とする場合が多く、手間も掛るので正立フォークに比べて整備費が高いです。

簡単な説明ですけど、素人ブログの記事ですから、こんなもんでしょ。

特許庁ホームページに技術集として資料が有りますので興味の有る方はご覧になってください。

苦労した割には内容の薄い記事だなぁ~~~ トホホ(′_ `)
しかも間違っている箇所(正立フォークの図)が有るし・・・・・・・・


nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:バイク

nice! 5

コメント 6

centropyge

有難う御座います。非常に良く分かりましたよ。
ホンダのHPをみるとCBR1100?は倒立ってなっててCBR400スーパーフォアはテレスコピックと書かれているということは400の方は正立って事ですよね?違うのかな?
by centropyge (2005-12-22 16:20) 

勉強になりました!
私車乗ってるんですが、倒立のショックをつけたとき、なんで正立と同じ形をしているんだろう?と、お店の人に聞けずに悩んだことがあります^^;
by (2005-12-22 17:40) 

ふなじゅん

centropyge さん こんにちは
一般的には「倒立=高性能」と言う少々間違ったイメージが有りますので、製品紹介のページで特徴に倒立と明記されている場合は倒立で、書いていない場合は正立と考えて良いかも知れません。
ハーレーのお店で扱っているバイクだと
ハーレーは正立
ビューエルは倒立
です。
今度、お店で実車を見て違いを理解して下さい。
by ふなじゅん (2005-12-25 10:18) 

ふなじゅん

slalomer さん 初めまして
う~~~~ん、車(四輪)の場合は少々違う構造になっています。
残念ですが、今回の記事は余り参考にならないはずです。
ただ、四輪のサスペンションダンパーもケースの中に入っている構造だったと記憶しています。
その為に、ちょっと見の外観からは判別がしづらいです。
この話も し始めると長くなるので・・・・・・・・。
by ふなじゅん (2005-12-25 10:33) 

そうですね。どうもありがとうです!
特許庁の資料おもしろかったっす。
by (2005-12-26 19:15) 

よっし

バネ下重量は、倒立サスの方が重いですよ。インナーは鉄ですから。
by よっし (2013-11-07 04:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1